2004年12月30日

ディーゼルエンジンをみなおそう

昨今環境問題でやり玉にあげられるディーゼルエンジンの特性について.
メリット、デメリットがあります.
いいところ
燃焼効率が高い  CO2削減につながる
高トルク     大型車(バス、トラック、船舶)に最適
燃料代が安い   経済的
つまり公共交通機関、生活に欠かせない物流の動力源として最適!
だれしもがその恩恵をうけている.

わるいところ
いわゆる黒煙(PM,粒子状物質)を排出する. 
Nox(窒素酸化物)を排出する
ディーゼルエンジンは黒煙を削減しようとするとNoxの排出量が増加するという
技術的な限界がある.

そこで尿素水でNOx(窒素酸化物)を大幅に削減する「尿素SCR」(選択還元型NOx触媒)といわれる
技術が実用化されつつあるようです

最近叩かれてばかりのディーゼルですが経済的で財布にもやさしいので乗用車にも復活してほしいんです
posted by masuto at 22:29| 東京 ☀| Comment(29) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。